Amazon Echoで事務所をスマートホーム化してみた

Echo !

Amazonの音声アシスタント技術「Alexa」を搭載したAmazon Echo。

日本にも上陸し、招待制で発売されています。

そんなAmazon Echoを入手することができたので、以前から興味のあったスマートホームに挑戦してみましたので、手順などをまとめておきます。

スマートホーム化したいもの

  • 照明(赤外線リモコン式)
  • 照明(ペンダント式)※紐を引っ張るやつ
  • 照明(壁スイッチ式)※作業中<後述>
  • テレビ
  • エアコン

材料

eRemote

LinkJapanから発売されている赤外線学習リモコンです。

eRemote、eRemote Mini、eSensorのラインナップがあります。

Miniを買いたかったのですが、品薄状態だったためeRemoteを購入。

基本的な設定は、「eHome」という専用アプリから行います。

eHome

eHome

eHomeの設定は公式マニュアルを参考にしました。

特に迷うポイントはありませんでしたが、2018年1月時点ではAlexaから操作できるのは「照明」のみとなっていますので、

テレビや、エアコンはeHomeの設定上は「照明」として登録する必要があります

照明として操作するので、Alexaから操作できるのは以下のような呼びかけパターンです。

  • 「Alexa 照明 付けて」
  • 「Alexa 照明 消して」
  • 「Alexa 照明 暗くして」

テレビやエアコンについては、現時点ではON/OFFぐらいならできるということになります。

Alexaでスマートホームスキルを有効化する

Alexaホームの「スマートホーム」メニューからLinkJapanのスキルを有効化します。

このスキルはアカウントリンキングが必要なのでeHomeで登録した情報でログインします。

スキルを有効化したら、「Alexa デバイス探して」と話しかけます。

20秒ほどでeHomeから登録した機器を検知してくれました。

あとは、さきほど紹介したように「Alexa テレビつけて」などで操作することができます。

ペンダント式照明も音声操作したい

紐でひっぱるタイプの照明です。和室とかにあるあれです。

(ペンダント式ということを初めて知りました)

テレビ、エアコン、シーリングライトに関しては赤外線リモコンがあるのでeRemoteに学習することができるので簡単に音声操作することができます。

しかし、ペンダント式だとリモコンがないので「音声操作は無理か」と、スマートホーム化計画から外そうと思っていたのですが、

試しにAmazonで「電気 紐 引っ張る リモコン」と検索してみたら「ペンダント式照明がリモコン式に早変わり!■吊り下げ式照明用■照明リモコン サンチャーヂ2▲工事不要■」という商品を発見。しかも安い(1,700円)

天井の差し込み口と照明の間に差し込むだけで付属のリモコンで操作できます。

さらに付属リモコンをeHomeに登録すれば、Alexaから音声操作ができるようになります。

ただし、この商品はリモコンボタンが1つしかなく「ON/OFF/豆球/OFF」の順を繰り返すのみとなります。(何回かAlexaにお願いしないといけない)

壁スイッチ式の照明も音声操作したい

蛍光灯などの場合は、さきほどの商品が使えません。

壁スイッチの取り替えは資格が必要な上、高額です。

そこで、以下の商品を購入して物理的に押せないか?検証中です

うまくいけば更新します。